家

エアパス工法で建てた家なら年中快適に過ごせる

男の人

建築家と一緒に家を作る

予算以内に茅ヶ崎で一戸建てを建てるには、どんな家を部屋が欲しいのか優先順位を付けることが大切です。住宅に対する細かい要望に対応できる建築家に依頼すれば、満足できるような家造りができます。

部屋

積極的に情報を得よう

できることなら、一戸建てを建築する際にコストを安く抑えたいと思う人も多いでしょう。枚方の実績豊富な業者に依頼することによって、低コストながら良質な天然素材を使用した一戸建てを建築することができます。

空気の流れを利用

つみ木

室温と湿度とが安定

熱の伝わりにくい断熱材を使って建てた住宅は、室温が気温の影響を受けにくいことから人気があります。たとえ気温が高くても、室温は上昇しにくく、逆に気温が低くても、室温は下がりにくいのです。そして昨今では、さらに快適に過ごせるということで、エアパス工法で作られた住宅が注目されるようになっています。エアは空気、パスは通過を意味する言葉ですから、エアパス工法とは、空気の流れを生かした工法と言えます。具体的にはエアパス工法で建てた住宅には、天井や床などの随所に、空気を取り込んだり放出したりする小さな穴があいてます。空気には、冷えると下方向に、温まると上方向に移動するという性質があります。したがってエアパス工法で建てた住宅では、夏には温まった空気が、自然に上部の穴から抜けていきます。そして冬には、冷えた空気が床下へと集まり、やはり抜けていくことになるのです。そのため夏でも冬でも室温が保たれやすく、その分快適に過ごすことができるわけです。このようにエアパス工法は、熱が伝わることを防ぐ断熱材とは逆で、熱気や冷気を運ぶことで室温を安定させるという仕組みになっているのです。さらに各穴からは、空気と一緒に湿気も放出されます。そのため屋内の湿度も上昇しにくく、夏にはカビの発生が、冬には結露で窓や床が濡れることが、それぞれ起こりにくくなるでしょう。室温だけでなく、住宅の状態も保たれやすいということですから、その点からもエアパス工法は関心を寄せられています。

一軒家

町田に近い

相模原はこれから開発が進む地区なので、地価が安いうちに不動産を購入しようとする人も多いです。土地を購入し、安く建てられるテラスハウスをつくると、低コストで賃貸業を始めることができます。相模原は子育て世代が住むにも向いています。