積み木

エアパス工法で建てた家なら年中快適に過ごせる

建築家と一緒に家を作る

男の人

より良いプランを考える

茅ヶ崎で気になる建築家がいたら、まず合って話してみることから始めましょう。予算面を始め、どんな小さな希望や要望でも躊躇しないで話せる建築家かを見極めます。施主と建築家は一つのチームといわれます。互いに住みやすい一戸建てを茅ヶ崎に作ろうとする気持ちが通じ合って、刺激し合いながらも完成へと向かっていきます。また、一戸建てのデザインだけを重要視するのではなく、できあがるまでのプロセスを大事にする建築家であるかも重要なポイントとなります。一戸建てを茅ヶ崎に建てるのは設計から1年以上かかる長期戦となるため、施主と一緒にプロセスを楽しむゆとりが必要です。初めての一戸建ての家作りだけに、アレもコレもと欲張ってしまいがちですが、予算内で収めるためには優先順をつけることが必要です。パターン化されておらず一件一件の特別な要望にも合わせられる建築家となら、誰にとっても満足のいく家作りができます。建物の安全性や都市として整備していこうというルール作りから生まれた建築基準法や都市計画法などの制限の中で、より良いプランを考えます。購入した茅ヶ崎の敷地はどれくらい使えるか(建ぺい率)、各階の床面積の合計(延床面積)はどれくらいか(容積率)をはじめ、接道義務、隈切り、日影制限、セットバック、防火地域、準防火地域、採光面積など色々な決まりがあります。これらは素人には難しいことなので、プロの建築家に任せておけば安心できます。